便利な機能が多数搭載されているクレジットカード

現代社会において、買い物をする時に現金と同じくらい重要な物がクレジットカードです。クレジットカードはクレジットカード会社が発行しており、買い物をした時にクレジットカードで支払いを行えます。

クレジット決済を行うと、クレジットカード会社が一時的に立て替えた形になるので、リボ払いなどの場合は後日クレジットカード会社から金利を加えて、立て替えた金額を利用者に請求する仕組みになっています。そのため、クレジットカードのユーザーは、買い物の時に現金を持っていなくても、クレジットカードで買い物が出来るという利便性があります。

クレジットカードには多彩な機能が搭載されており、特典が付いてきます。クレジット決済を行うと、マイレージなどのポイントが商品を購入した金額の数%が加算される仕組みになっています。マイレージは航空会社のサービスで利用出来るポイントサービスのことであり、これを使うことでお得に航空会社のサービスを利用出来ます。

クレジットカードにはクレジットカード会社が提携している企業によって特典のバリエーションがあり、家電量販店であれば、家電量販店専用のポイントがクレジット決済時に加算されるというメリットがあります。

ロールケーキもクレジットカード決済で

女性の間で話題となっているロールケーキがあるそうなのです。最近まで知りませんでしたが、女性週刊誌に何度も載っている関西方面にある美味しいロールケーキのショップがあるそうなのです。地方の方でも購入できるようにネットショップで注文ができるようで、1日に何千個も売り上げる大人気なケーキなのだとか。そこまで聞くと食べたくなってしまい、すぐにネットにアクセスしてチェックしてみました。

写真で見るからにキャラメルコーティングが美味しそうで、ちょっと高めな価格設定でも買いたくなってしまいます。すぐに買い物カゴに入れ、クレジットカード決済で購入したのです。ただ、お目当てのロールケーキを購入した後に、他のケーキなどを見ていると食べたくなってしまい、追加で購入してしまいました。

クレジットカード決済だとすぐに購入ができるので、つい買ってしまうのです。買わずにいれば変にストレスを溜め込むことになったと思うので、買って良かったと思うのです。到着が楽しみなのです。

クレジットカードの活用法

クレジットカードを所有している人は普段どういうタイミングでクレジットカードを使うことが多いでしょうか。手持ちの現金が無いときでしょうか。あるいは、高額商品を購入したときに、分割支払いやリボ払いをしたい時でしょうか。どちらもクレジットカードの使用としては有効な使い方ですよね。

一方でちょっと変わった捉え方をすると、クレジットカードを使えば簡単に家計簿をつけることができるんです。クレジットカードを利用すると必ず、いつ、どこであるいはどこのお店で、いくら使ったという明細が記録されます。この明細を活用するとわざわざ自分で家計簿をつけなくても、いつどこでいくら使ったかが把握できるのです。つまり、日々の支払いを基本的にすべてクレジットカードを使って支払いをするだけです。これだけで家計簿がわりの明細となります。

また最近ではスマートフォンのアプリなどでクレジットカードの明細と連携したアプリなどもでているので費目でグループ分けができたり、簡単にグラフ化できたりも可能なのでしょう一度トライしてみても良いですね。

クレジットカードの感想について

私は学生の頃から、クレジットカードを愛用しています。クレジットカードは最初の頃はよく使い過ぎてしまうことが多くてアルバイト代以上に請求が来たりして焦った思い出がありますが、慣れてくると上手く使うコツがわかってきました。

最近は使うと明細のメールが来たり利用状況がwebでチェックできるクレジットカードも多いので、使い過ぎないようになりました。

クレジットカードは海外旅行の保険が付いている事が多いですし、海外旅行の際にもあれば非常に便利な存在です。また、使った金額に応じてポイントを貯めておくことが出来るので、私は最近は公共料金やプロパイダのお金などもクレジットカードで支払うように決めています。

クレジットカードは非常に種類が多いですが、私はポイント還元率がそこそこ高くて、デザインが可愛い物をメインで使っています。良く使う施設や特典に応じて数枚クレジットカードを使い分けていますが、現金でお支払するよりも得することが多いのでこれからもクレジットカードを利用したいです。

クレジットカードで消費増税に対処する

消費増税が実施されました。

増税前と増税後の商品やサービスの本体価格が同じと考えれば3%分は支払いが増えますので、収入が同じであれば3%分の可処分所得が減少するということになります。

そして3%というわけにはいきませんが、クレジットカードを利用することで減少する可処分所得の一部を取り返すことができます。

クレジットカードでは利用する金額の0.5%から2%くらいまでのポイント還元がありますので、通常の商品の購入やサービスの購入するだけでポイント還元率の分だけは節約をすることができます。知恵を絞ることは何もなくいつもの商品やサービスの購入時に現金を支払う代わりにクレジットカードと使えば自動的に節約になるという簡単さです。

それに、最近の傾向としては商品やサービスの購入においてクレジットカードが利用できる店舗が増える一方であるという事実があります。

こんな簡単に消費増税分の取戻しを使わない理由はありません。