家計管理に使えるクレジットカード

クレジットカードを使う時に便利な使い方のひとつには、家計管理のために使う方法があります。ショッピングのたびにクレジットカードを使ってしまうと使いすぎて、明細が届いてびっくりなんてことがありますが、使い道を制限してしまえば怖くはありません。

1枚のカードを食品専用にします。スーパーでのお買い物の時には、その食品専用のカードで支払います。毎月の食費って、そんなに上下するものでもありませんし、1ヶ月分の請求書を見れば、その月の食費が一目で分かって家計簿をつける必要もありません。ただし、カード払いだと買いすぎてしまうことはありますので、週に何回スーパーで買うか、1回のお買い物で買うのはいくらまでか、などと自分でルールを決めておきます。嗜好品であるお菓子やお酒などを買いすぎてしまう場合は、1ヶ月でいくらまでと決めるのがベストです。

また固定出費もほとんど毎月同じ額が請求されますから、固定出費用のカードもあると便利です。固定費は毎月必ず支払うものですから、現金払いよりポイントも貯まってちょっとだけお得になりますね。